FC2ブログ

銀座熊本館スタッフブログ

熊本県アンテナショップ「銀座熊本館」のスタッフブログです。イベント情報や入荷情報など様々な情報をお届けいたします。
Posted by 銀座熊本館   0 comments   0 trackback

銀座熊本館のフェア

「復興プロジェクト」フェア~震災後3年の熊本~
を開催します!

開催期間:4月16日(火)~21日(日)


看板

熊本地震から3年。
未だに鉄道や道路は寸断され、被災地では多くの方々が仮設住宅で暮らし、
生活は完全に安定した状態とは言えない状況です。
大きな被害をもたらす地震や災害が日本各地で発生し、危機感を実感する一方で、
時間がたつにつれて、だんだんと意識も薄らいできます。

そこで、ご家庭での防災対策をもう一度見直し、
備えるきっかけにしていただきたいということで、
「復興プロジェクト」フェアを開催し、
熊本の備蓄商品をご紹介いたします。
2階ASOBI Barでも、非常食が体験できるメニューをご用意しております。
ぜひ、お立ち寄りください!

備える意識を持ち続けることは難しいかもしれませんが、
ふだんの生活の中で、出来る事から防災対策を始め、定期的に見直していきましょう。

◇熊本製粉の「未来クッキー」◇
熊本県産小麦100%使用の防災食「くまもとの未来クッキー」
ザクザクとした口どけの良い食感、バターや卵をたっぷり使用し、
バニラ風味に仕上げた食べごたえのあるクッキーです。
缶に入れて食品の劣化の原因となる、光と酸素を遮断することで、
3年間長期保存できる美味しい防災食が出来ました。
地産地消にこだわり、食べた人みんなの未来が笑顔であふれるように
願いが込められたクッキーです。
未来クッキー 未来クッキー②
熊本製粉HPはこちら→http://www.bears-k.co.jp/

◇中村植物園の「長期保存米」◇
アルミ缶に乾燥加工米を無酸素充填、衝撃に強く5年間保存可能です。
熱湯を入れて20分でふっくらとしたご飯になります。
スプーン付きで食器は不要!
災害時には空缶は、コップや容器として三次利用ができ、
潰せば薄くなってかさばらず、資源としてリサイクルできます。
19-04-09-16-28-48-881_deco.jpg 19-04-09-16-29-24-445_deco.jpg

◇銀座熊本館オリジナルセット◇
銀座熊本館オリジナルのセット「くまモンお助けグッズセット」を作りました。
災害時の備えに加えてください!(※数量限定です)
お助けグッズセット

◇熊本地震をテーマにしたパネル展示と映画の上映◇
2F ASOBI・Barにて、熊本地震をテーマにしたパネル展示と映画の上映を行います。
【日時】 4月21日(日)
【上映スケジュール】
  11:10~11:30 自助の3手
  11:30~13:30 「西原村」熊本震災後のドキュメンタリー映画
  13:30~14:00 自助の3手
  14:00~16:00 映画「駄菓子屋小春」
  16:00~17:00 自助の3手

☆自助の3手☆
熊本県では、熊本地震の経験を踏まえ「自助」の取組を推奨しています。
くまモンが将棋の棋士に扮し、今日からできる災害への3つの備えを紹介する動画が作成されました。
是非、今一度、災害を「自分のこと」として考え、ご家族や地域で日頃からの備えをはじめましょう!
自助の3手
熊本県知事公室危機管理防災課
くまモン主演・自助の防災啓発動画→https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_26267.html


☆熊本震災後のドキュメンタリー映画「西原村」☆
映像ディレクターの久保理茎さんは、人生が一変した被災地
熊本の西原村の村人たちに寄り添い、記録を続けました。
その記録は、NHK総合「明日へ つなげよう」で2年にわたり放送され、
その番組をベースに、新たな映像を加え、種子田博邦さんのオリジナル音楽と共に
全国の200組の有志からのクラウドファンドなどの支援により
映画として完成されました。
西原村映画(チラシ)

☆映画「駄菓子屋小春」☆
舞台は地震から1年後の熊本。駄菓子屋の店主小春ばあちゃんを中心に、
災害を乗り 越えようと、笑顔で前に向かう人々の姿が、
復興する熊本の様子と共に描かれています。
撮影は、益城町や熊本市、宇土市など熊本県内で行われ、
子どもから大人まで多くの熊本県民の皆さんも出演されています。
駄菓子屋小春(チラシ)

☆準備は万全ですか?☆
いざという時慌てないためにも、日頃から何を持っていくか、
チェックリストで確認しておきましょう!
備えて安心、非常用品

家庭での食料品の備蓄は、最低でも3日分、出来れば1週間分程度の蓄えが望まれます。
「水」はもちろん、エネルギー・炭水化物の確保のための「米」、
タンパク質確保の「缶詰」、防災用の保存食などの他に、
常温保存できる「野菜」、「乾物」、「調味料」など
普段使いの食料品等の「買い置き」も有効な備蓄方法のひとつ!
賞味期限などを考えながら、計画的に消費し、消費した分を買い足すようにするだけで
かなりの備蓄ができます。
食糧備蓄

スタッフ一同、皆様のご来館を心よりお待ちしております!!

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ginzakumamotokan.blog.fc2.com/tb.php/630-6f2c9ecb