FC2ブログ

銀座熊本館スタッフブログ

熊本県アンテナショップ「銀座熊本館」のスタッフブログです。イベント情報や入荷情報など様々な情報をお届けいたします。
Posted by 銀座熊本館   0 comments   0 trackback

「球磨焼酎」を宜しくお願いいたします。

110325173738[1]
images82N9DYA7.jpg
今年も球磨焼酎の応援を宜しくお願い致します。

新年に、お酒を飲まれる機会も多いと思いますが、銀座熊本館では、球磨焼酎を絶賛販売中です
球磨焼酎28蔵元のお酒を揃えて販売しております。
今回は、新商品と、2つの蔵元のご紹介をいたします。
※先頭の「く」という文字は、球磨焼酎のロゴマークです。

松の泉酒造 

日本3大急流の球磨川。その南に位置する白髪岳の花岡岩を歳月かけてくぐり抜ける水。この水は、麓の谷水薬師の名水「月光水」として広く知られています。この名水と源を同じくする水が、焼酎蔵の地下を流れています。
「松の泉酒造」の焼酎造りに、この名水を使用しています。
「米・水・人・蔵」の伝統製法を、創業以来守り抜いています。

新登場!! 「2002年謹製 古蔵」

今月から銀座熊本館に新登場するのは、松の泉の蔵にある、樽の中で静かに眠っていた米焼酎。永い年月を経て琥珀色の熟成酒となって生まれた、球磨焼酎の神髄を極めた古酒「2002年謹製 古蔵」
数に限りのある秘蔵の米焼酎を、特別に販売いたします。この機会に是非味わって下さい!
ギフトにも喜ばれる焼酎です。
kozou2002[1]
アルコール度数:35度 キャラクタータイプ


繊月酒造株式会社

繊月酒造の名は、相良藩の居城の別名を「繊月城」と呼ぶ事から名づけられました。「繊月」とは、三日月より細い繊細な月
をさします。
人吉城と球磨川を臨む場所で、繊月酒造は明治36年に初代治助が創業。代表銘柄の「繊月」は、人吉城に浮かぶ繊月を彷彿とさせる芳醇な香りとまろやかな味わいの焼酎で、人吉の地で多く愛飲されています。「たる繊月」「舞せんげつ」「無言」などの銘柄があり、各地のブランド米や、こだわりの米で、地域に根差した焼酎を造っています。

特別限定酒 「川辺」

10年連続で水質日本一となった清流{川辺川}の水と、この流域の相良村産米のみで造った「川辺」は、ロサンゼルス国際酒類品評会で最高金賞を受賞し、国際的な評価の高い銘柄です。
澄み切った味と香りを持つ、米焼酎です。ロック・お湯割り・水割りがおススメです。
images1G8CAKNJ.jpg
アルコール度数:25度 減圧蒸留酒 ライトタイプ

球磨焼酎28蔵元のお酒を取り揃えております。
お好みの米焼酎を見つけて下さい。
皆様のお越しを心よりおまちしています。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ginzakumamotokan.blog.fc2.com/tb.php/606-f589931b