FC2ブログ

銀座熊本館スタッフブログ

熊本県アンテナショップ「銀座熊本館」のスタッフブログです。イベント情報や入荷情報など様々な情報をお届けいたします。
Posted by 銀座熊本館   0 comments   0 trackback

球磨焼酎のご紹介です

銀座熊本館では、28蔵元の球磨焼酎がお買い求め頂けます。今回は新商品と、3つの蔵元をご紹介します。(ご紹介する商品は、全て銀座熊本館でお取扱いしています。)
imagesZ3U0E8Y7.jpg

「THE HITOYOSHI  AGED3YEARS 」常楽酒造株式会社
THE HITOYOSHI は、熊本県人吉生まれの米焼酎です。この度銀座熊本館に新登場します!
樽熟成3年古酒。まろやかな口当たりにキレの良さが融合された味わいで、とても飲みやすいです。
ハイボールにして飲んでもとても美味しいです!お酒が進みます。おすすめです!
images[6]
減圧蒸留酒 アルコール度数:25度 キャラクタータイプ

合資会社 大石酒造場「大石」

熊本県で最大の河川、球磨川。球磨焼酎の中でも最上流に位置する蔵です。
創業明治5年(1872年)。原料米にこだわりがあり、自社生産法人、大石農場で自家栽培する「ひのひかり」「森のくまさん」「吟のさと」「山田錦」などを使用することにより、安全、安心な焼酎造りを行っています。
又、大石酒造場の特徴のひとつに長期熟成させている焼酎があり、貯蔵する樽は1200本にもなり、それぞれの樽でじっくりと寝かせた焼酎をブレンドして、独特の味わいを引き出しています。

「大石」は、コクがあり、まろやかで味わい深い本格焼酎です。琥珀熟成の深い味わいをお楽しみ下さい!ロックがおススメです。
imagesLB0BV4I1.jpg
減圧蒸留酒 アルコール度数:25度 キャラクタータイプ


松下醸造所  「最古蔵」
「松下醸造所」は、江戸時代文化元年(1804年)創業。日本最大急流のひとつ球磨川の源流にある水上村で、水、風土に恵まれた環境のもと、2世紀以上にわたり焼酎造りに携わる球磨焼酎最古の蔵元です。文化元年岩野村(水上村岩野)に、初代萬屋次兵衛の手により、焼酎造りが始められました。

「最古蔵」は、相良藩当主から焼酎永代入立御免(ショウチュウ エイダイ イリタテゴメン)「永代にわたり造っても良いという許可書」を頂いてから200年が経ちました。これを記念するとともに、現代まで培った歴史と技をもとに造られている焼酎です。
長期熟成の甕仕込みで、コクがあり、すべるようにまろやかな味わいです。
images[4]
減圧蒸留酒 アルコール度数:25度 リッチタイプ

林酒造場  「極楽」

「一酌は げにこよなきと人の云う 味も香りも酔いも極楽」
 創業は江戸中期。蔵を守る14代目のこだわりは、先代から継承してきた焼酎造りを守ること。
創業より湧き出る井戸水と伝承も技術を活かしつつ、新しい技術を融合させ、米の自然で豊かな風味、コクと旨みの味わい深い焼酎造りをしています。

「極楽」に使われている米は地元球磨地方の良質なお米を原料にしています。米もろみをじっくり煮てコクとうまみを十分に引き出した常圧焼酎を、3年以上熟成させた口当たりの良い焼酎。米の豊かな味わいをお楽しみくださいロック・お湯割りがおススメです。
images[2]
常圧蒸留酒 アルコール度数:25度 リッチタイプ

球磨焼酎は季節を問わず楽しめますが、冬はお湯割りやロックにして、鍋料理や馬刺しなどと一緒に、食中酒として幅広くお楽しみ頂けます。是非一度お試しください。
銀座熊本館へのご来店を、心よりお待ちしています。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ginzakumamotokan.blog.fc2.com/tb.php/592-ef5cb983