FC2ブログ

銀座熊本館スタッフブログ

熊本県アンテナショップ「銀座熊本館」のスタッフブログです。イベント情報や入荷情報など様々な情報をお届けいたします。
Posted by 銀座熊本館   0 comments   0 trackback

銀座熊本館のフェア

「球磨焼酎フェア」開催します!
開催期間:7月31日(火)~8月12日(日)

看板

熊本の焼酎と言えば、「球磨焼酎(くましょうちゅう)」!
500年の歴史を持つ、日本の主食、お米を使った贅沢な焼酎です。

球磨焼酎と呼べるのは、米のみを原料として、人吉球磨の地下水で仕込んだもろみを、人吉球磨で蒸留し、瓶詰した焼酎だけ。
清流球磨川の流れを中心に広がる水田、有数の米どころで良質の米焼酎が出来上がります。

人吉球磨地域には28の蔵元が点在し、各蔵元の杜氏が腕を奮って造った、球磨焼酎の銘柄は、なんと200以上!
今回は、フェア限定!初入荷の焼酎をご紹介します!
ぜひお試しください。

◇高橋酒造の「肥後時習館」◇
「時習館」は賢君細川重賢によって開設された藩校のこと。幕末の偉人横井小楠をはじめとする、偉人たちを輩出しました。
新しい日本を築いていくための大きな力となった時習館出身者たちに習い、長い歴史と文化の道をさらに深く突き進んだ末にたどり着いた正統派、本格米焼酎「時習館」。
減圧蒸留酒、アルコール度数:25度、ライトタイプ
肥後時習館② 肥後時習館

◇堤酒造の「吟球磨 堤」◇
清酒麹と呼ばれる黄麹と吟醸酵母を用い、通常より低温発酵させる事によって出来た吟醸酒のような本格米焼酎。
フワリと匂い立つふくよかな香り。舌を包むすっきりなめらかな口あたりです。
減圧蒸留酒、アルコール度数:25度、ライトタイプ
吟球磨堤

◇球磨焼酎の「甲の上」◇
13年以上タンク貯蔵したコクとまろみのある常圧蒸留の原料を更に琥珀熟成させた限定品。
貯蔵酒特有のまろやかな風味とほのかな香りが楽しめる一品です。
常圧蒸留酒、アルコール度数:25度

◇高田酒造場の「秋ノ穂」◇
明治35年、高田酒造場の創業時に発売された銘柄「秋穂」を、創業百周年を記念して、8年がかりで復刻。
新たな製法も取り入れたことにより、秋穂を超越した焼酎が完成し、銘柄を「秋ノ穂」と名付けました。
米本来の深い味と香り、しっかりとした旨みは、ほかに類をみません。
ロックやストレートでお楽しみください。
常圧蒸留酒、アルコール度数:25度、リッチタイプ
秋ノ穂

◇林酒造場の「ゆうき」◇
大阿蘇の自然に恵まれた地で、江藤友明氏が川魚を利用して除草と害虫駆除を行う農法で作った「無農薬コシヒカリ」を80%まで精米した米を使いました。やさしく、透きとおるような味わいです。
減圧蒸留酒、アルコール度数:25度、リッチタイプ

◇六調子酒造の「古代一壺」◇
秘蔵の米焼酎。24時間体制でスコットランドのハイランド地方と同様の温度、湿度にコントロールされた樽貯蔵庫にて長期貯蔵。米焼酎古酒をベースに20年古酒をブレンドしました。香り高く、甘く、やわらかく、しかも濃厚で芳醇な飲みごたえを兼ね備えています。
アルコール度数:38度
古代一壺

☆香りと味でタイプ分け☆
たくさんの銘柄があるとどれを選べが良いか迷ってしまいますよね。
一般的に、球磨焼酎は、製法の違いによって「常圧蒸留酒(※①)」「減圧蒸留酒(※②)」、そしてこれらを樽で貯蔵したものなどに分けられます。
同じ製法でも銘柄によって味のバリエーションが異なるのが球磨焼酎のちょっと複雑で面白いところ!
そこで、香りと味で4タイプに分類してみました。
球磨焼酎の味と香りが分かるパンフレットもございます。参考にしてお気に入りの1本を見つけてくださいね
球磨焼酎パンフ 球磨焼酎パンフ②
「フレーバータイプ」
果物や花のような香りが特徴で、味わいは爽快なものが多い。アロマティックタイプ。
相性の良い料理は、華やかな香りが際立つ料理(前菜やカルパッチョ、香り豊かなハーブ料理、魚料理など)。
「ライトタイプ」
スッキリ爽やか!焼酎の中では最も軽快な香味が特徴。くせがなく飲みやすいタイプ。
相性の良い料理は、シンプルで素材を生かした料理(旬の野菜のバーニャカウダ、パスタなど)
「リッチタイプ」
米の甘みと熟成のコク、もっとも味わい深いタイプ。通が好む本格派、飲みごたえのある球磨焼酎らしい焼酎。
相性の良い料理は、しっかりとした味の付いた肉料理(スペアリブ、みそ風味の料理など)
「キャラクタータイプ」
まるで飲む宝石!非常に重厚な香味が特徴。豊潤さと美しい余韻、時間が生み出す個性派タイプ。
相性の良い料理は、熟成した生ハムやスパイシー料理、スイーツ(アイス、チョコ系スイーツなど)。

※①「常圧蒸留酒」は、球磨焼酎の伝統的な蒸留方法でつくられた焼酎。
常圧蒸留とは、地上の大気圧(水の沸点が100℃の状態)で蒸留することにより、もろみが高温で沸騰し、沸点の高い成分や加熱により化学変化してできた成分などが留出して独特な香りと濃醇な味わいを生み出す蒸留です。
原酒は貯蔵する事によって、より深みのある味わいとなります。

※②「減圧蒸留酒」は、蒸留器を密閉し、真空ポンプで蒸留缶内の空気を引き出し、気温を下げることにより沸点をさげて蒸留します。これにより加熱による化学変化が起こらず、もろみに含まれる香りや味の成分をそのまま取り出すので、 穏やかで軽快な味わいとなります。この製法は昭和50年代から普及し、近年の主流となっています。

球磨焼酎酒造組合のHPはこちら→http://jp.kumashochu.or.jp/

◇生駒水産の「鮎の甘露煮」「鮎の苦いうるか」「鮎の子うるか」◇
ミネラルが豊富で、そのまま飲んでも美味しい熊本の名水「浜宮湧水」を養殖池に引き込み、自然に近い環境で鮎を育てています。「天然の鮎よりも美味しい鮎を育てる」をモットーに、余計な脂肪を付けない身の締まった、美しく美味しく育った鮎をぜひご賞味ください!

鮎を約10時間炭火と七輪でじっくりと大鍋で煮込んだ「鮎の甘露煮」。頭から骨まで軟らかい甘露煮です。
甘みとコクを引き出しつつサッパリとした味わいに仕上げました。
甘露煮② 甘露煮

「苦うるか」は、鮎の内臓を使った塩辛の事。
添加物は一切使用せず天然塩のみを使用し6ヶ月以上熟成させています。
芳醇な香りで雑味の無い洗練された奥深い味わいは、酒の肴に最適です。
苦うるか② 苦うるか

「子うるか」は、鮎の魚卵と精巣を使った塩辛の事。
その味はカラスミにも似てしかもコクが有り、芳醇な香りが漂います。
添加物や調味料は一切使用せずに作った本物のうるかをぜひご賞味ください。
子うるか② 子うるか

生駒水産のHPは、こちら→https://ikomasuisan.jp/

◇特典◇
①フェア商品を含む5,000円以上お買い上げの場合配送料をサービス。(クール代金を除く)
②ASOBI Barでボトルキープサービスを実施。店頭販売の720ml~900mlの球磨焼酎が対象です。
商品代金プラス1,000円で3ヶ月間ボトルキープ!ボトルキープ期間内の利用に際しては、お通し代(おつまみに変更も可)のみでご利用いただけます。(水、氷はサービス)

◇球磨焼酎案内人 認定講座 受講者募集中です!◇
球磨焼酎の歴史や伝統文化などをもっと知って、楽しく飲んでいただき、他の方にも球磨焼酎の魅力をどんどん奨めて頂くために「球磨焼酎案内人認定講座」を開催いたします!
合格された方には認定証とくまモンバッジを授与!
まだ定員に余裕がございます。ぜひお待ちしております。

日時:平成30年8月5日(日)
講義:14:00~17:00
懇親会:17:00~18:00
場所:銀座熊本館 2F ASOBI Bar
受講料:4,000円(税込、懇親会費込、当日徴収いたします)
問い合わせ先:熊本県物産振興協会東京支部 03-3572-1267(武田・山添)

boshu_20180712153829de0.jpg

期間中、「焼酎クイズ」正解者の中から抽選で8名様に「がらちょくセット」のプレゼントや、酒造メーカによる店頭販促も実施致します。ぜひお試しください。

スタッフ一同皆様のお越しを心よりお待ちしております!

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ginzakumamotokan.blog.fc2.com/tb.php/537-da1076de