銀座熊本館スタッフブログ

熊本県アンテナショップ「銀座熊本館」のスタッフブログです。イベント情報や入荷情報など様々な情報をお届けいたします。
Posted by 銀座熊本館   0 comments   0 trackback

今週の野菜入荷&イベント情報

今週の野菜の入荷予定およびイベントをお知らせ致します。


12月1日(月)

☆松貫

晩白柚、デコポン


12月2日(火)

萌の里(阿蘇郡西原村)

ピーマン、キャベツ、赤大根、大根、紅はるか、安納芋、
パープルスイートロード、シルクスイート、里芋、人参、春菊、
ぶなしめじ、エリンギ、生しいたけ、小松菜、はやとうり、
白菜、レンコン、じゃがいも、ねぎ、水前寺菜、下仁田ネギ、
つくね芋、ほうれん草、トマト、きゅうり、柚子、キウイ、バジル、
しょうが、赤芽大吉


12月3日(水)

水辺プラザかもと(山鹿市鹿本町)

サラダほうれん草、にんにく、サラダたまねぎ、なす、里芋、
衣かつぎ、大根、人参、ほうれん草、春菊、かぶ、シルクスイート、
紫はくさい、生しいたけ、小松菜、水菜、スーパーインゲン、にら、
銀杏、蓮根、キャベツ(早生系)、長ネギ、里芋(八幡芋)、チンゲン菜、
紫やまいも、灯篭蜜芋、南瓜(メルヘン)、ひともじ、種なしゆず、ししゆず、
ゆず、みかん(肥のさやか)、種なしかぼす

☆中田果樹園

レモン


12月4日(木)

萌の里(阿蘇郡西原村)

ピーマン、キャベツ、大根、里芋、人参、春菊、
ぶなしめじ、エリンギ、生しいたけ、小松菜、白菜、
レンコン、じゃがいも、ねぎ、紫やまいも、水前寺菜、下仁田ネギ、
つくね芋、ほうれん草、トマト、きゅうり、柚子、キウイ、バジル、
しょうが、スティックセニョール、赤芽大吉


12月5日(金)

水辺プラザかもと(山鹿市鹿本町)

サラダほうれん草、にんにく、サラダたまねぎ、なす、里芋、
衣かつぎ、大根、人参、ほうれん草、春菊、かぶ、シルクスイート、
紫はくさい、生しいたけ、小松菜、水菜、スーパーインゲン、にら、
銀杏、蓮根、キャベツ(早生系)、長ネギ、里芋(八幡芋)、チンゲン菜、
灯篭蜜芋、パープルスイートロード、南瓜(メルヘン)、ひともじ、
種なしゆず、ししゆず、ゆず、みかん(肥のさやか)

熊本県経済農業協同組合連合会

トマト


12月6日(土)

萌の里(阿蘇郡西原村)

ピーマン、キャベツ、赤大根、大根、紅はるか、安納芋、
パープルスイートロード、シルクスイート、里芋、人参、春菊、
ぶなしめじ、エリンギ、生しいたけ、小松菜、はやとうり、
白菜、レンコン、じゃがいも、ねぎ、紫やまいも、水前寺菜、
下仁田ネギ、つくね芋、ほうれん草、トマト、きゅうり、柚子、
キウイ、バジル、しょうが、スティックセニョール、赤芽大吉


12月7日(日)

水辺プラザかもと(山鹿市鹿本町)

サラダほうれん草、にんにく、サラダたまねぎ、なす、里芋、
衣かつぎ、大根、人参、ほうれん草、春菊、かぶ、シルクスイート、
紫はくさい、生しいたけ、小松菜、水菜、スーパーインゲン、にら、
銀杏、蓮根、キャベツ(早生系)、長ネギ、里芋(八幡芋)、チンゲン菜、
紫やまいも、灯篭蜜芋、パープルスイートロード、南瓜(メルヘン)、
ひともじ、種なしゆず、ししゆず、ゆず、みかん(肥のさやか)、
種なしかぼす



※年末年始の営業日
 年末は12月29日(月)まで営業。営業時間は11時~17時までです。初売りは1月6日(火)。営業時間は11時から20時となっております

※12月は野菜の通販の受け付けを行っておりません。お電話でのお取り置きは受け付けておりますので(当日は12時以降)宜しくお願い致します。

いつもご利用、ご来館、ありがとうございます。

年末の準備はお済ですか?
お歳暮看板
今年もお歳暮シーズンがやってきました。熊本の特産品を豊富に取り揃え、「お歳暮ギフト詰め合わせ」を承ります!
甘~い果汁をたっぷり含んだ肉厚の果肉。口に入れるとぷりっぷりの果肉がはじける、熊本で生まれた「デコポン」や世界最大級の柑橘類「晩白柚」は、糖度が12度前後で、酸味も穏やか。とにかく房が大きく締まっているので、1切れでも食べ応えがあります。
楽しい年の幸福を願うふるさと熊本の美味しい名品を是非ご利用ください。
ばんぺいゆ
                   (晩白柚)
でこぽん
       (デコポン)

平安時代から受け継がれてきた「赤酒」
赤酒は古くから熊本地方に伝わる酒で、灰持酒(あくもちざけ)といわれる酒の代表的なものです。
 米を原料に、清酒と同じような工程で仕込み、「もろみ」に木灰を投入することで、酸敗を防ぎ保存性をよくするという
日本古来からの製法を受け継いだ酒です。
 熊本では、加藤清正が熊本城を築城した頃にはすでに、赤酒が庶民の酒として親しまれており、またその頃加藤家から大阪の豊臣家に熊本の名産として献上されたという記録もあります。
 江戸時代になると肥後細川藩では赤酒を「お国酒」として保護し、赤酒以外の酒の製造を禁じ、また他藩からの酒の流入も禁じました。気候の温暖な熊本では、せっかく仕込んだ酒が火落ちしてしまうことも多く、貴重な酒を無駄にしないための、藩の政策だったと考えられます。
 戦後「やはり熊本の地酒は赤酒。お屠蘇や御神酒には赤酒がないと(寂しい)。」という声に押され、当社で赤酒を復活させたところ、御神酒やお正月のお屠蘇酒として、また熊本ならではの料理酒として(料理酒としての評判は徐々に全国の料理人の間に広まり)、その需要を回復し、現在に至っております。
赤酒千代の園 赤酒
        (東肥赤酒)                   (千代の園赤酒)

お餅は「丸餅」?「角餅」?
お雑煮の主役であるお餅。大雑把に言って東日本は角餅、西日本は丸餅文化。お雑煮発祥の地・京都の食文化の影響を強く受けた地域は主に丸餅を用いるそうなんです。その中でもお餅を焼く地域、焼かずにそのまま入れる地域、すまし汁、白みそ仕立てとそれぞれの地域でいろんなお雑煮があるんですね。
熊本は丸餅ですまし汁。熊本の丸餅も続々入荷します。

スタッフ一同、皆様のご来館を心よりお待ちしております!!

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ginzakumamotokan.blog.fc2.com/tb.php/204-3d9c4a96