FC2ブログ

銀座熊本館スタッフブログ

熊本県アンテナショップ「銀座熊本館」のスタッフブログです。イベント情報や入荷情報など様々な情報をお届けいたします。
Posted by 銀座熊本館   0 comments   0 trackback

「球磨焼酎」販売中です!

銀座熊本館では、球磨焼酎28蔵元の商品をお買い求め頂けます。
「球磨焼酎」とは・・
米を原料に、熊本県人吉・球磨の地下水で仕込み、人吉・球磨で蒸留・ビン詰めした焼酎。
WTO(世界貿易機関)によって、地理的表示の産地指定を受けた、米焼酎のトップブランドです!
「球磨焼酎の歴史」は古く、16世紀末より、人吉・球磨地方で製造が始まったと言われています。人吉・球磨地方は鎌倉時代から明治維新まで相良藩によって治められてきた700年の歴史があり、豊富な米の収穫がありましたが、地形的に藩外に搬出することが難しかった事で、米を用いた焼酎作りが盛んになったと言われています。
imagesZ3U0E8Y7.jpg

高橋酒造株式会社「肥後時習館」
高橋酒造は1900年(明治33年)創業。人吉球磨地域において、一世紀以上、米を原料とした球磨焼酎を造り続けています。
本格米焼酎「白岳」「しろ」という2つの球磨焼酎ブランドを日本全国、また世界28か国で販売しています。

「時習館」は、賢君細川重賢によって開設された藩校のこと。幕末の偉人横井小楠をはじめとする、数々の偉人を輩出しました。
新しい日本を築いていく為の大きな力となった時習館出身者たちに習い、長い歴史と文化の道をさらに深く突き進んだ末にたどり着いた正統派 本格米焼酎「時習館」。是非一度お試しください
11月1日付けの日本経済新聞にも広告が載りました。銀座熊本館2階観光コーナーにございます。

images[3]

減圧蒸留酒 アルコール度数:25度
 ライトタイプ

六調子酒造株式会社 「特吟 六調子」

六調子酒造は球磨盆地の中心、錦町という霧深い里にあり、たわわに実った米と清冽な球磨川系の地下水を原料に500年の歴史と伝統の技術を継承する蔵元です。貯蔵室を24時間体制で温度管理を行う等、スコットランドの高地に似た条件を作り出しました。
「特吟 六調子」は、味と香りとまろやかさが渾然と調和した深みのある味わいで、米の原料特性を堪能できます。

images388R7IZ5.jpg
常圧蒸留酒 アルコール度数:35度 リッチタイプ

木下醸造所 「文蔵」

木下醸造所は、人吉市から約20キロほど東の多良木町にあります。熊本県球磨地方に「六調子」という民謡があります。
その中で「田舎庄屋どんの城下見物・・・多良木の文蔵じい」と詠われていますが、その文蔵が創業者であり、現在は「文蔵」という銘柄を使用しています。手作り麹・甕仕込み・常圧蒸留という昔からの製法の米焼酎を造り続けています。

「文蔵」は、芳醇な香りとコク、ふくよかな味わいをもつ焼酎です。ゆっくりと時をかけた独特の香りと味わいがあり、どこか懐かしい風味の米焼酎です。

images[10]
常圧蒸留酒 アルコール度数:25度 リッチタイプ

合資会社 寿福酒造場 「武者返し」
寿福酒造場は、明治23年創業以来常圧蒸留ひとすじを守りつづけています。地元産新米100%を原料とし、一粒一粒の米に愛情をかけて、子育てのような想いで焼酎を造っています。米焼酎ならではの濃厚なコク、そしてキレのよさをお楽しみください。

「武者返し」は、地元産の米(ヒノヒカリ100%)を原料とし、全て手作業にて造られた伝統の常圧蒸留酒。米焼酎ならではの味わいと優しい風味です。

images[1]
常圧蒸留酒 アルコール度数:25度 リッチタイプ

銀座熊本館ネットショッピングでも、球磨焼酎などの酒類がお買い求めいただけます。
↓↓↓↓↓

http://www.kumamotokan.net/

ご紹介した球磨焼酎は、ほんの一部の商品ですが、他にも沢山の球磨焼酎を取り揃えております。
皆さまのご来店を心よりお待ちしております!