FC2ブログ

銀座熊本館スタッフブログ

熊本県アンテナショップ「銀座熊本館」のスタッフブログです。イベント情報や入荷情報など様々な情報をお届けいたします。
Posted by 銀座熊本館   0 comments   0 trackback

銀座熊本館のフェア

「秋の恵みフェア」開催します!
開催期間:10月16日(火)~28日(日)
※10月22(月)は休館日


看板

行楽の秋、スポーツの秋、食欲の秋・・・
楽しみがいっぱいの季節になりました

「秋の恵みフェア」では、栗・柿・芋など熊本から美味しいフルーツとスイーツが入荷します!
ぜひ、「くまもとの秋」をご賞味ください

◇大秋柿◇
大秋柿は、果肉が梨のようにさくさくとして軟らかく、果汁が大変多いのが特徴。
1玉およそ300~400g程度と大振りで、とても味の良い太秋柿ですが、
皮の表面に「条文」と呼ばれるシワができやすい特徴があります。
「条文」は、完熟した柿に見られる特徴で、糖度が高くおいしい太秋柿の目安なんですよ。
甘くて美味しい大秋柿を、ぜひご賞味ください!
太秋果実 

◇きなこーやの「金のみたらし栗ケーキ」◇
白餡と熊本県産渋皮栗を生地に加え、しっとりと焼きあげたケーキ。
別添えの熊本のおいしい醤油を使用したみたらしだれをかけていただきます。
ケーキにはこがしバターを使用しており、 醤油ベースのみたらしだれとの相性も抜群です!
金のみたらし栗ケーキ(ハーフ)

◇岡田珈琲の「利平栗のマロンパイ」◇
収穫量が少ないため幻の栗と呼ばれている熊本山江村産の「利平栗」を贅沢に使用したマロンパイ。
丹念に練り上げられたオリジナルマロンペーストはまさに絶品!
利平栗独特の甘味と風味を美味く活かした、上品でリッチなスイーツです。
利平栗のマロンパイ 利平栗のマロンパイ②

◇熊本菓房の「熟いも いきなりさんど」「熊本焼すいーとぽてと」◇
さつまいもの名産地「大津町」で採れた芋を、2ヶ月以上美味しく熟成させた「熟いも」を使用。
もちもちした食感の生地にサンドした「熟いも いきなりさんど」
熟いもいきなりさんど

熊本のさつまいものおいしさを凝縮した「熊本焼すぃーとぽてと」
蒸して焼くという一手間かけることで、ホクホクとした格段の美味しさに!
しっとり&なめらかなスイートポテトです。
熊本焼すいーとぽてと

◇清和物産館 四季のふるさとの「ちゃぐりあん」「栗ようかん」「栗笑い」◇
お茶どころとしても知られる矢部の矢部茶と清和の栗甘露煮で作ったおまんじゅう「ちゃぐりあん」
風味豊かなお茶の薫りと栗のハーモニーをお楽しみください。
ちゃぐりあん

栗の甘露煮をまるごとひとつ贅沢に使用した「栗ようかん」
大きな栗をつかっています。
栗ようかん

大粒の栗を甘露煮に加工し、白餡とバター生地で包んで作ったおまんじゅう「栗笑い」
栗がイガから見えた状態を清和では栗が笑うといいます。
栗笑い

◇やまえ堂の「やまえ栗渋皮煮大粒」「栗んとう」「栗ジャム」「栗きんとん」◇
人吉球磨盆地で採れる美味しいやまえ栗の中でも特に大きい栗だけを
一粒一粒丁寧にパックにした「やまえ栗渋皮煮大粒」
皮の部分までしっとりとした食感と上品な甘さに仕上がっています。
JR九州のクルーズトレイン「ななつ星in九州」でも使用された渋皮煮をぜひご賞味ください!
やまえ栗渋皮煮大粒

栗が入ったかりんとう「栗んとう」
一度食べたら止まらない美味しさです。
栗んとう

100%熊本県山江村産の栗、やまえ栗を贅沢に使った「栗ジャム」
原材料は栗と砂糖(トレハロース少量)で、安心安全なジャムです。
栗ジャム

やまえ栗を100%使用した「栗きんとん」。 材料は栗と砂糖、塩のみ!
無添加、無着色です。
栗きんとん

◇食彩の里ふしみの「祝・きんとん」◇
熊本県産のさつまいもを丁寧に練り上げ、熊本県産栗の渋皮煮をプラスした、
黄金色の縁起の良いきんとんです。
祝きんとん② 祝きんとん

◇長寿庵の「焼きなり団子」◇
好評につき、再入荷します!
甘みの強い「紅はるか」を、クロワッサン生地で包んだ「焼きなり団子」!
温めた後トースターで仕上げると、皮がサクサクとして美味しいですよ♪
焼きなり団子

◇彦一本舗の「熊本栗包み焼モンブラン」◇
熊本県産渋皮付き栗ペーストときざみ栗を使った新しいお菓子を作りました!
まろやかな口の風味フィリングを凝縮されたココアの香りがアクセントとなり、
甘さと栗の味を引き立てます。
熊本栗包み焼きモンブラン② 熊本栗包み焼モンブラン

◇コウヤマの「どらばってん」◇
熊本県産のさつまいもを使用。ほっくりと炊き上げた栗あんを
上品な味わいの赤練餡と合わせ、しっとりとした生地でサンドしました!
どらばってん

この他にもた~くさん入荷します!
ぜひ、お立ち寄りください♪

皆さまのご来店をスタッフ一同心よりお待ちいたしております。